フェイントの練習

エラシコというフェイントの練習方法

サッカーで使われているフェイントの1つにエラシコというフェイントがあります。サッカーでエラシコを使う場面はオフェンスとディフェンスが1対1になった場面です。

 

すごく難しいので失敗してしまうことがあります。成功すればかっこいいしディフェンスをかわす確率が高いので練習して体得しておくといいでしょう。

 

エラシコとは右足が利き足と仮定して右足の外側でサッカーボールを軽くタッチして右方向に行くような動きをします。そして足の外側でボールにタッチした瞬間に足の内側でサッカーボールにタッチして左方向に行きディフェンスをかわしていきます。

 

エラシコの練習方法としてまずは足先の細かいテクニックが必要なので足の外側と内側でボールに擦るようなタッチの練習をします。足の外側は軽いタッチで内側はディフェンスを抜いていくくらいの強さでタッチする練習をしてください。

 

足先のタッチが出来るようになったら体の使い方を練習します。足先だけのフェイントでは駄目なので体の重心も同時に動かしてフェイントをかけてください。

マルセイユルーレットの練習方法は?

マルセイユルーレットとはサッカーで相手のディフェンスを抜き去るときに使われるフェイントの1つです。海外の有名なサッカー選手がフランスのマルセイユで使ったフェイントということからマルセイユルーレットという呼び方になりました。元フランス代表ジネディーヌ・ジダン選手が得意とするフェイントで有名ですね。

 

マルセイユルーレットは走りながら体を回転させてサッカーボールをコントロールしていくフェイントです。小中学生の子供でも使っていることがありますので練習を頑張れば出来るようになるでしょう。

 

練習方法はドリブルをしながら体を横向きにしボールの進行方向の足の裏でボールを止めます。そして進行方向に背中を向けながらボールを止めている足を前に落とします。後ろ側の足裏でボールを少し動かしその足を地面につき回転しながら反対の足でボールをコントロールします。

 

最初はボールは使わず体を回転させながら足をボールタッチしていると仮定して練習しましょう。スロー再生のようにゆっくり動きを確認してください。何回も繰り返し練習しないと動きが掴みにくいフェイントなので1つずつ確実に覚えていきましょう。

キックフェイントの簡単な練習方法

サッカーで使うキックフェイントはボールを持っているときや転がってきたボールで相手をかわすために使われます。ドリブルをしているときに相手が来たらシュートやパスを出すようなキックのフェイント入れて相手を抜き去ります。転がってきたボールやこぼれ球を拾いにいくときに相手も来ていたらボールを蹴るふりをしてキックフェイントを使い相手にボールを渡さないようにします。

 

キックフェイントの練習方法はサッカーボールを蹴るふりをするだけです。しかし足は完全に振り切らずにボールに足が当たりそうなところで止めてください。
そして蹴るふりをした後も練習してみましょう。

 

キックフェイントをした後に蹴るふりをしたほうの足を次の動きにつながるように左右どちらかに動かしてみましょう。それと同時に体も動かして相手をかわしていくかんじで動く練習をしてください。それほど練習もキックフェイント自体も難しくはないので小中学生の子供やサッカー初心者も練習次第では早く使えるでしょう。

シザーズフェイントを練習しよう

シザーズフェイントはサッカーで使われるフェイントで色々なサッカー選手が使っているところを見かけます。色々なフェイントがありますがその中でも簡単で覚えやすく小学生の子供やサッカー経験が浅い人でも早く出来るようになるフェイントです。

 

ボールを左右にまたぐ動きで相手にフェイントをかけて抜き去るだけがシザーズフェイントですがフェイント後の動きにも気をつけてください。シザーズフェイント後には体とボールが同じ方向に向かって行きますのでボールをまたいでいるときから意識しておきましょう。

 

シザーズフェイントの練習はボールをまたぐ練習から始めてください。左足でまたぐときはボールの右側から左側に向けてまたぎます。逆に右足はボールの左側から右側に向けてまたぎます。

 

相手を抜き去るときは左足でボールをまたいだら右足の外側でボールにタッチして右側から抜いていきます。体の重心を左右に移動させる練習もしてすばやくかわしていけるように頑張っていきましょう。

サッカー練習教材の口コミ人気ランキング

一人でできるサッカー練習DVD教材。

 

元Jリーガー9名が作成したプロを目指す子供用のDVD教材。

本格的な練習方法を多数収録。

 

JFA公認S級コーチ作成の小学校〜大学生、サッカー指導者向けのDVD教材。

元日本代表監督加茂周さんも推薦。