サッカー 一人でのトラップ練習

1人で行うトラップの練習方法

サッカーをやっているときボールがきたらトラップをするかノートラップでパスやシュートを選択することが出来ます。しかし考えすぎてしまうと相手がボールを取りにきてしまうので早い判断で次のプレイに行かなければいけません。

 

トラップとはボールを受け取ることをいいますがトラップ(罠)というふうにも使うことが出来ます。そのトラップを1人で練習したい人は練習方法をしっかり理解してからやってみましょう。

 

壁に向かってサッカーボールを蹴って跳ね返ってきたサッカーボールをトラップするという地味でシンプルな1人での練習です。1人での簡単な練習方法ですがトラップをするときに足を引いてボールの勢いを殺してみましょう。

 

自分の足元にピタッとボールを止めることができたら次は壁に向かってボールを蹴る強さを強くしてください。跳ね返ってくるボールが早く強くなるので頑張って足元にボールを止められるように練習しましょう。小学生で足元の1mくらいの中で止められることが出来たら凄いですよ。

トラップの簡単な練習方法

サッカーにおけるトラップは足だけには限らず頭や胸でもトラップすることがあります。サッカーボールが体の何処に飛んできてもしっかりトラップをして自分のボールにしなければいけません。こういった状況に対応できるように1人でトラップの練習をしていきましょう。

 

自分で上にサッカーボールを蹴り上げて1度地面でボールをバウンドさせましょう。バウンドして落ちてきたサッカーボールを頭や胸を使ってトラップをしてください。
上手くできたら太ももや足の甲でも同じようにトラップしましょう。

 

トラップした後にボールが自分の近くにあるようにして次のプレイのイメージをしてみましょう。トラップしたボールが自分から離れてしまうようなら出来るまで何回も頑張って1人練習しましょう。

 

1人練習の小学生くらいの子供は無理をしないで低く蹴り上げるところからやってください。ボールをしっかり見てボールがどれくらいバウンドするのかということも瞬時に判断できるようになるといいですね。

サッカー練習教材の口コミ人気ランキング

一人でできるサッカー練習DVD教材。

 

元Jリーガー9名が作成したプロを目指す子供用のDVD教材。

本格的な練習方法を多数収録。

 

JFA公認S級コーチ作成の小学校〜大学生、サッカー指導者向けのDVD教材。

元日本代表監督加茂周さんも推薦。