サッカー 一人でのヘディング練習

1人で行うヘディングの練習法

サッカーには色々なテクニックやプレイがありますがヘディングというプレイは最初は大変でしょう。ヘディングは頭にボールを当てるというプレイですが頭というよりはおでこにボールを当てたほうが狙ったところにボールが飛んでいきやすくなります。サッカーを始めたばかりの初心者や小中学生の子供はヘディングが怖くて中々出来ないと思います。

 

ヘディングする瞬間に目を閉じてしまうとボールを見失うことがありますのでなるべく目は開けたままヘディングしてください。1人でヘディング練習をするときはおでこでボールを落とさずに何回も当ててみるといいでしょう。

 

ヘディングするボールの高さを上げたり下げたりしてみてどれくらいの強さで当てればどれくらい飛んでいくのかを知っておきましょう。それとおでこにサッカーボールを乗せたまま上手くバランスをとるような1人練習をしてみても面白いかもしれませんね。おでこ以外の頭の部分でサッカーボールを当てる1人練習もしておきましょう。

ヘディングの簡単な練習法

サッカーの試合や練習で使われるヘディングというプレイは攻撃と守備の両方で使われる欠かせないプレイの1つです。小学生の子供がヘディングをしようとしてもサッカーボールが怖くて目をつむってしまい上手く出来ないことでしょう。

 

子供でも1人で簡単にヘディングの練習ができる方法はサッカーボールを紐が付いた網に入れどこかにぶら下げます。網に1つ入っているみかんのような感じでぶら下げるといいですし回りにあまり物が無いほうがいいでしょう。

 

ぶら下げたサッカーボールをおでこで何回も当てて繰り返し1人で練習してください。ヘディングしたサッカーボールは戻ってくるので1人での練習には最高の環境です。

 

その場に止まったままでのヘディングの練習が出来たら少し動きながらヘディングする練習もしてみましょう。動きながらおでこにボールを当てるとボールの動きが予測しにくくなります。そうなったときに自分でボールの軌道が予測できるようになるとすごく楽しくなってきますので頑張ってください。

サッカー練習教材の口コミ人気ランキング

一人でできるサッカー練習DVD教材。

 

元Jリーガー9名が作成したプロを目指す子供用のDVD教材。

本格的な練習方法を多数収録。

 

JFA公認S級コーチ作成の小学校〜大学生、サッカー指導者向けのDVD教材。

元日本代表監督加茂周さんも推薦。