サッカー 一人でのパス練習

1人で行うパスの練習方法

スポーツの中でパスというプレイは味方を信頼したり味方や自分を活かすためにも大切なプレイの1つです。小学生や中学生の子供でサッカーを始めて間もない子はパスを上手く出すことができないことが多いでしょう。

 

団体競技であるサッカーは11人で試合を行うものなのでパスというプレイを使わなくては勝つことができません。1人でパスを練習したいという人もいると思いますので簡単なパスの練習方法を行っていきましょう。

 

サッカーでは壁パスとかワンツーパスといった味方との短い距離でのパス交換があります。壁パスは1人で練習するときには壁があればできるので壁がある公園や広場を探してみましょう。

 

練習方法は止まった状態で壁に向かってボールを蹴ることから始めましょう。蹴ったボールが正確に自分のところに戻ってくるようになるまで頑張りましょう。

 

正確にボールが戻ってくるようになったら少しずつ動きながら壁にパスをしてください。動きながらでもパスが正確に出せるようになるまで続けて練習してみよう。

パスの簡単な練習方法

サッカーではパスをしなければ得点を取ることが難しいと言われているほどパスは重要な役割をしています。球技スポーツの中で個人競技のゴルフなどはパスというプレイはありません。しかし球技スポーツの中の団体競技であるサッカーは1人ではないのでパスが必要になりますしパスを使わなければ損をしてしまいます。

 

そんなパスを上手くなりたいと思うのは当たり前のことでサッカーをしている子供なら誰でも思っていることです。小学生くらいの子供がパスを上手くなるのにはかなりの練習量をこなさなければいけないので1人のときでも練習するといいでしょう。

 

1人のときのパスの練習方法は目標になる物を1つ作りその目標物を狙ってボールを蹴ります。目標物を味方だと思い優しいパスを出すかんじでボールを蹴ってみましょう。

 

蹴ったボールが目標物に当たるようになったら違うほうの足でもパスの練習をしてください。ボールと目標物をしっかり目で見て確認しながら蹴れるようにしましょう。
練習すればするほど自分のためになるので頑張ってください。

サッカー練習教材の口コミ人気ランキング

一人でできるサッカー練習DVD教材。

 

元Jリーガー9名が作成したプロを目指す子供用のDVD教材。

本格的な練習方法を多数収録。

 

JFA公認S級コーチ作成の小学校〜大学生、サッカー指導者向けのDVD教材。

元日本代表監督加茂周さんも推薦。