サッカー  一人でのドリブル練習

1人で行うドリブルの練習方法

サッカーのプレイの中で自分を強くアピールできる1つにドリブルというプレイがあります。このドリブルというのは自分でボールを足で小刻みに蹴り続けていくことです。

 

サッカーの試合や練習でドリブルをすることで自分のプレイスタイルもアピールすることができます。ドリブルの練習を1人で行うときはちょっとした公園などの広い場所で行うといいでしょう。

 

目印になるものを1〜2m間隔で10個くらい直線状に並べておきます。目印になるものなら石ころなどの小さいものでもかまいませんので自分でわかるものを置いてください。

 

並べた目印をジグザグにドリブルをして通過していくのですが目印に当たらないようにドリブルしてください。両方の足を使って何回も往復してドリブルの練習を続けてみましょう。

 

最初はゆっくりから始めて徐々にスピードをあげていくようにします。サッカーのドリブルは練習でも試合でも1人でする個人プレイなので自分のやりやすいドリブルを見つけて練習してください。

ドリブルの簡単な練習方法

サッカーにおけるドリブルというプレイは攻撃において重要なプレイです。ドリブルが好きという人は練習して自分の武器にするということもいいことです。

 

サッカーを始めたばかりの小学生くらいの子供が最初にやりたくなるのがドリブルです。そのドリブルを上手くなるためには1人で練習することが上達への近道になるでしょう。小学生くらいの子供が1人でドリブルの練習をするのに練習方法がわからないことが多いようです。

 

1人で行うドリブルの練習方法の1つとしてあるのが真っすぐドリブルをして2〜3m進んだらボールを止めて左右のどちらかに切り替えします。このときにボールを止めてからなるべく早く次の動作をするように意識してください。

 

ストップ&ゴーというかんじで繰り返しやることで相手がいると想定し練習するといいでしょう。サッカーのときにゆっくりなドリブルをしていると相手にボールを取られてしまうということを考えながら速いドリブルに心がけてみましょう。

サッカー練習教材の口コミ人気ランキング

一人でできるサッカー練習DVD教材。

 

元Jリーガー9名が作成したプロを目指す子供用のDVD教材。

本格的な練習方法を多数収録。

 

JFA公認S級コーチ作成の小学校〜大学生、サッカー指導者向けのDVD教材。

元日本代表監督加茂周さんも推薦。