ボールの蹴り分け練習

足の甲やかかとを使った蹴りわけ練習方法

サッカーで大事なことの1つとして足の色々な部分でボールを蹴り分けることがあります。足の甲を使ってボールを蹴り分けるには強弱をつける練習方法があります。

 

足の甲で強くボールを蹴ると真っすぐ飛んでいく強いキックができます。サッカーでボールを遠くに蹴りたいときや速いパスやシュートを打ちたいときによく使われます。

 

足の甲にしっかりとボールを当てることを意識して練習するようにしましょう。他の誰かに足の裏でボールを止めてもらっている状態で足の甲に当てる練習をしてもいいと思います。

 

足のかかとを使ったボールの蹴り方をサッカー用語ではヒールキックと言われていて自分の後ろにいる人にボールを渡したいときなどに使われます。足のかかとを使ったボールの蹴りわけ練習方法はかかとで何回もボールを蹴って感覚で覚えるしかありません。

 

強弱をつけて蹴り分けるしかできませんので何回もボールを蹴って体で覚えておきましょう。足の甲やかかとでのボールの蹴りわけは練習をすればするほどわかってくる事なので何回も繰り返し練習しましょう。

足の外側と内側で蹴り分ける練習方法

足の外側や内側を使ってボールを蹴り分けることが出来るようになるとサッカーの色々な場面で役に立ちます。ボールを蹴ることに慣れていない初心者や子供はたくさん練習しないと蹴り分けることが難しいでしょう。

 

足の外側でボールを蹴ることをサッカー用語ではアウトサイドキックと言われています。アウトサイドキックは右利きの人は右に蹴りたいときに使いますが慣れていないと思うように蹴ることができません。

 

練習方法は足首を外に曲げるようなかんじでボールを蹴るように意識してください。何回もボールを蹴って上手く足の外側に当てられるようになるまで続けてください。
上手く蹴れるようになるとボールに回転を掛けられるようになってきます。

 

足の内側でボールを蹴ることをインサイドキックといいアウトサイドキックよりもサッカーの中では使う回数が多い蹴り方です。インサイドキックは足の内側でボールを押し出すような感じでボールを蹴る練習をしてください。インサイドキックは比較的簡単にできますしボールに回転も掛けやすいので初心者や子供でも早く蹴ることができるでしょう。

サッカー練習教材の口コミ人気ランキング

一人でできるサッカー練習DVD教材。

 

元Jリーガー9名が作成したプロを目指す子供用のDVD教材。

本格的な練習方法を多数収録。

 

JFA公認S級コーチ作成の小学校〜大学生、サッカー指導者向けのDVD教材。

元日本代表監督加茂周さんも推薦。